内 科

>内 科

内科では「熱が出た、お腹が痛い、何となくだるい」など日常的に起こりうる体調不良に対して、適切な診察と治療で対応いたします。また、健康診断で異常値が指摘された方や、今お悩みの症状で何科を受診したらいいのかわからない方もお気軽にご相談ください。また、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風などの生活習慣病もご相談ください。生活習慣病は、基本的に”治す”病ではなく、いかに上手につきあうかを見つけていかねばならない病です。最近の健康診断の基準値は厳しいものになっており、多少なりともひっかかったものの、そのままにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?是非とも一度ご相談下さい。
≫ 生活習慣病の詳細はこちら


内科の主な取扱い疾患
生活習慣病、高血圧症、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風、かぜ(咳、鼻水、のどの痛みなど)、インフルエンザ、急性胃腸炎、感染症、頭痛、膀胱炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、肝機能障害(B型肝炎、C型肝炎、自己免疫性肝炎)、めまい、不眠、便秘など

当院で可能な主な検査

動脈硬化検査

CAVI(キャビィ)検査

あお向けに寝た状態で、両腕と両足首の血圧と脈波を測定する検査です。動脈の硬さや詰まりの程度、血管年齢を調べます。動脈の硬さを表す指標がCAVI(キャビィ)、足の動脈の詰まりを表す指標がABI(エービーアイ)と呼ばれます。日本人の死因の3割は「脳梗塞」や「心筋梗塞」など、動脈硬化が原因の疾患です。定期的な検査をお勧めします。

超音波検査

超音波検査

体に痛みや影響を与えずに超音波(エコー)を使って体の中をみる検査です。肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓など腹部の臓器を調べることができ、脂肪肝、肝炎、胆石、膵炎、腎結石などの診断が可能です。検査時間は20分くらいです。上腹部痛などある方、血液検査で肝機能異常の指摘された方は一度ご相談ください。

心電図検査

心電図検査

心臓に関わる病気を診断する目的で行われます。体の表面につけた電極から微弱な電気信号を検出し波形を記録します。この波形の乱れ等から不整脈、狭心症、心筋梗塞、などの病気の兆候を診断します。検査には、心電図検査機器を使用します。時間は2〜3分で終わります。

レントゲン検査

レントゲン検査

胸部や腹部をはじめ、頭の先から足の先までのあらゆる部位のX線撮影を行います。X線撮影に対して放射線被ばくのことが気にかかると思われますが、撮影に関しては大変少ない線量を用いています。撮影による身体への影響はほとんどありません。ただし、妊娠中、妊娠の可能性がある方は検査の前に必ずお申し出ください。

血液検査

速血液検査

院内で血液検査の結果を出すことができます。血液や尿の成分(電解質・酵素・脂質・糖質・蛋白質など)を自動分析装置で測定しています。病気の状態によって変化する様々な検査項目を組み合わせる事で病気の診断・治療に役立っています。